つれづれノート

好きなものを売ってます。一貫性はありません。ここは雑記、メモ代わりに使います。

スクートビズ搭乗記録(成田からドンムアン )

スポンサーリンク

2月28日からタイに行ってきました。今回は初の「スクート」、そして、ビジネスクラスである「スクートビズ」を予約しました。スクート インサイダー(https://www.flyscoot.com/jp/scootinsider)を利用したので、往復で64000円。JALのエコノミーより安いです。

 

***


早速機内に乗り込みます。予約した席には既にウェルカムドリンク(水!)が置かれてました。隣は空席なので、のびのびできます。座席の幅はJALの国内線のJクラスくらい。最前列を選んだので、足は伸ばし放題です。平日だったからか、スクートビズの乗車率は50パーセントくらいでした。CAさんは1人だけ日本人がいました。あとは恐らくシンガポール人。男性のCAさんも数人いました。

 

安定気流に入った途端、機内食の提供が始まります。スクートビズは機内食が無料で提供されるのです。CAさんが「この中から選んで」とメニューを持ってきます。あれ?確か、予約の段階で「チキンライス」を選んだはずなのに。と思いつつ、聞いてみると、「この機材で、そのメニューは搭載していない」とのこと。食欲もなかったので、とりあえずサンドイッチを頼みました。ソフトドリンクとアルコールも1杯分無料なのですが、種類も割と豊富で、ペリエもありました。

 

 

ほどなくして、運ばれた温かいサンドイッチ、チョコ、プリングルスとペリエ。チョコとプリングルスはカバンの中へ。サンドイッチの味はまあまあ美味しかったです。

 

f:id:fika5:20190314161110j:image

 

飛行機に乗ると、なぜかトイレが近くなるのですが、スクートビズ専用のトイレがあるので、並ぶこともなく、行きたい時にいつでも行けました。そして、汚れてることもなく、常に清潔に保たれていました。

フルサービスではないので、CAさんはギャレーにいる時間が圧倒的に多いです。ギャレーからの話し声もよく聞こえますが、私自身は一切気にしない方なので、特に問題と感じませんでした。

 

ただ、

・機内食にこだわりがある人
・お酒を含むドリンクを飲みたい人
・英語が全くわからない人
(中学レベルの英語がわかれば◯)
・CAのマナーに厳しい人


こういう人はフルサービスのエアラインを選んだ方がストレスがなさそうです。

 


揺れをほとんど感じない7時間。スクートビズは快適なので、あっという間にタイ上空です。これからもタイに行く時はスクートビズを利用したいと思います。

 

/>