旅とコーヒーとシンプルライフ

海外ひとり旅、コーヒー、自分探し

自分の心を雑に扱うこと。

スポンサーリンク

SNSの世界はどうしてこんなに輝いているのだろうと時々思う。美味しそうな料理、きれいなモノ、風景、追いつけそうもない才能、出てみたいイベント・・・。

 

それに引き換え、自分の生活は不毛だと思う。いや、1週間前くらい前までは不毛なんて思ってもなかった。むしろ「充実してる」と思ってた。

 

それが、この10日間くらい、小さな不快、不満、不本意なことが重なった。どれも些細だったし、故意的に嫌なことをされたわけではなかった。だから看過してたし、気にしない「ふり」をしてた。そしたら、それらがいつのまにかテトリスのブロックのようにどんどん積み重なって、わたしは知らず知らずのうちに「ダメな自分」にフォーカスするようになってしまった。

 

「非正規だからダメだ」

「才能がないからダメだ」

「人気がないからダメだ」

「若くないからダメだ」

「美しくないからダメだ」

 

「ダメ」にフォーカスすると、無意識にそれを証明する事象を探し始めるのだろうか、昨日決定打のような出来事があって、奈落の底に落ちたような気持ちになった。

決定打といっても、その出来事自体は別に良くも悪くもないこと(端的に言うと入ってたシフトを外された)で、前向きな時だったら、「やったー」くらいに思ってたと思う。でも、自分の心がネガティブに傾いていると、それは「わたしは非正規だから雑に扱われる(=だから自分はダメだ)」理由として、心に突き刺さる。

 

こんな時はどこに救いを求めても、答えは見つからないので、せめて自分を大事にする時間にしたいと思う。自分の心を雑に扱うと自分からしっぺ返しを食らうんだなぁとつくづく感じました。

 

f:id:fika5:20181202101704j:image

今朝、試作で作ったラテ。クリスマスバージョンのつもり。雑ですね。今度ちゃんと作り直します。

 

/>