旅とコーヒーとシンプルライフ

海外ひとり旅、コーヒー、自分探し

仕事をする、ということ。

スポンサーリンク

わたしは派遣社員でもあり、個人事業主でもあります。このパターンが自分では一番「お得」だと思ってます。理由は以下のとおりです。

 

・会社が社会保険の負担してくれる

・フルタイムで働かなくていい

・ある程度の固定収入がある

・経費が落とせる

 

特に社会保険と固定収入、あと経費は大きいです。わたしはサービス業なので、お客様が来なくて暇な時間帯でも時給が発生します。 基本的に経費で落とせる範囲のもので、ある程度の購買意欲みたいなのも満たされてしまうので、そんなに変な無駄遣いもしません。

 

どう考えてもこのパターンが最強だと思うので、強くお勧めしたいです。

 

そして、2つの形態で仕事をしてると、俯瞰的に物事を見ることができます。企業だけに属してると、どこかお給料もらうことが「当たり前」のように感じてしまって、その部分への感謝を忘れがちです。そうなると嫌な部分だったり悪い部分ばかりが目についてしまって、会社への不満で頭がいっぱいになるかもしれません。

 

でも、個人事業主やってるとよくわかりますが、お給料もらえるのも、保険払ってくれるのも、守ってくれるのも、本当に「当たり前」じゃないです。

 

お客様が来なくて、待ちぼうけくらうとき、時給は発生しません。焙煎した豆が余って、捨てる時はゼロどころかマイナスです。一生懸命やったつもりでも低い評価つけられることもあります。理不尽なことは、好きを仕事にしてても、多かれ少なかれ発生します。

 

企業という枠を離れて広い視点で物事を見つめると気づくことって、たくさんあります。

もし好きなことがある人は、そのことでお金をもらう体験をすると、仕事観が変わるかもしれません。

 

f:id:fika5:20181128212245j:image

新月のとき、私たちから月を見ることはできない。でも月は「ない」訳ではなくて、「ある」。ただ、あなたの目には見えて「ない」だけ。

 

Yoko

/>