旅とコーヒーとシンプルライフ

海外ひとり旅、コーヒー、自分探し

オンライン英会話でTOEICのスコアが2倍になった話

スポンサーリンク

2017年、新年。

朝早く初詣を済ませてしまった私は、お昼くらいには暇をもてあましてしまっていました。せっかくだから本でも読むか。アマゾンで検索していた私の目に飛び込んできたのはこの本でした。

 

21世紀の英会話

21世紀の英会話

 

 

本を読み進めていくと、「オンライン英会話」なるものがあるらしい。

1日300円で英会話?安い!やってみたい!!「思い立ったが吉日」の私はいくつかあるオンライン英会話の会社の無料レッスンに申し込むことにしました。

 

Hello, Nice to meet you.しか聞き取れない!!

勇んで受けた初レッスン。スカイプの画面に登場したのはジャージ姿のフィリピン人男性でした。遠くから「コケコッコー」という声がします。のどかです。「数ヶ月前にハワイ行ったばかりだし、30分のフリートークくらい余裕でしょ。」その考えが甘いかったことを、開始後わずか3分で思い知ることになります。わたしは「Hello. Nice to meet you.」しか聞き取ることができず、お互いに気まずい空気のなか、初レッスンを終えることとなりました。

 

少しづつ聞き取れるようになった

あんなに聞き取れなかったのに、どうしてレッスンを受け続けることができたのだろう。今思うと、日本にいながら海外の人と話せるのが単純に楽しかったのかもしれません。同じ時間にいながら、全然違う国の人たちが何を食べて、どんなことを考えているのかを知ることができるのは、とても興味深かったのです。この「好奇心」のおかげで、少しずつ先生の話す英語が聞き取れるようになりました。

 
ニューストピックのレッスンを受ける日々

文法のレッスンもだいたい受け終わってしまって、次はどうしよう。そんなことを思っていた時、先生に「ニューストピック」のレッスンを受講することを勧められました。英語のニュース?無理!と思っていたのですが、レベル別になっていて初級者用のトピックを選択すれば、なんとか読むこともできます。

何より、そのトピックについて思うことをいろんな先生と話すのが楽しくて、自分の思いや考えを事前に英語でまとめるようになりました。この繰り返しで英語の力がグンと伸びたように思います。

 
試しにTOEICを受けてみよう

レッスンを受け始めて7ヶ月がたったころ、自分のレベルが知りたくなりました。これだけ勉強してきたけれども、その成果は出ているのだろうか。数値化されたものが知りたくなってTOEICを受けることにしたのですが、TOEICに特化した勉強は時間がなくてほとんどできず・・・。その代わりニューストピックのレッスンは毎日受けてましたし、たまに気晴らしに他社の無料レッスンも受けたりしていました。

 
思いがけない高得点

 TOEICのテスト当日は、大雨。テンションが下がるなかテストを受けました。リスニングはなんとか聞き取れたけれども・・・正直全く自信はありませんでした。

過去1回だけ受けたTOEICのスコアは350点。今回は480点を目標にしていました。

1ヶ月後に結果が家に届いて、まさかの高得点にびっくり。目標は480点だったのに、625点とれていました。普通に考えたらすごくもなんともないかもしれませんが、最初の挨拶くらいしか聞き取れなかった私がたった10ヶ月でここまで成長するなんて!「継続は力なり」の言葉をかみしめました。

 
まとめ

わたしは6月に転職していますが、もし英語を勉強していなければ、なかなか転職する決断できなかったと思います。海外に行っても、カタコトでも英語ができるとコミュニケーションの幅がひろがります。いろんな料金プランをオンライン英会話各社、打ち出していると思うので、ご自身の希望にあった会社で、ぜひ勉強してみてください!

 

 

/>